T−34(ソビエト連邦)
       T-34 (Soviet Union)

(写真:韓国・ソウル 戦争記念館/撮影:裏辺金好)

●解説

 1940年から1950年代中頃まで製造が続けられた、ソビエト連邦を代表する戦車の1つ。当時としては強力な76.2mm戦車砲、または85mm戦車砲を搭載し、先進的な傾斜装甲により高い防御力を誇る。また、高出力かつ低燃費のディーゼルエンジンを搭載し、これらによって第2次世界大戦ではドイツによるソ連侵攻を守り抜いた原動力の1つとなり、さらに朝鮮戦争や中東戦争、ユーゴ紛争でも活躍している。
 様々なバリエーションが存在し、一部の国では未だ現役の戦車となっている。

●ギャラリー


(写真:韓国・ソウル 戦争記念館/撮影:裏辺金好)