74式戦車(日本)
       Type74 (Japan)

(写真:朝霞駐屯基地 陸上自衛隊広報センター/撮影:裏辺金好)

●解説

 61式戦車の後継として三菱重工が開発・製造したもので、1974年に制式採用された陸上自衛隊の戦車。1990年まで873両が製造され、74式戦車の後継車両の90式戦車が、事実上の北海道専用車両となっている上に配備数もそう多くないことから、未だに陸上自衛隊の主力戦車であり本土防衛の要となっている。

 油気圧サスペンションにより車体を前後左右に傾ける姿勢制御機能を装備しているのが特徴。また、弾道計算コンピューターの搭載など、当時としてハイテク装置を備えている。主武装はイギリスのロイヤルオードナンス社製の51口径105mmライフル砲L7A1を日本製鋼所がライセンス生産した物を装備している。最高速度は53km/h。

 登場から30年以上が経過し、今後はさすがに90式戦車と同等の性能で小型軽量化を図った新型戦車への取替えが進んでいく予定。しかし、74式戦車全てを退役させるには、当分先のことになりそうである。

●ギャラリー


74式戦車量産型。
(撮影:鯛風雲様)