GV-E400系一般形気動車


GV-E400形を先頭に、GV-E402形、GV-E401形を連結した3両編成。
(写真:羽越本線 新発田〜中浦/撮影:リン)

●基本データ

デビュー年:2018(平成30)年 ※営業運転開始は翌年
保有会社:JR東日本
運転区間:信越本線、羽越本線、磐越西線、米坂線

●JR東日本初の電気式気動車

 JR東日本が新潟地区と秋田地区のキハ40系置き換えのために投入した車両で、JR東日本では初となる、ディーゼルエンジンと発電機で発電した電気により、モーターで走行する電気式気動車。形式名である「GV」は「Generating Vehicle」から採用したもの。なお、同時期にJR北海道でもH100形気動車は、本系列の酷寒地対策バージョンである。

 形式は、両運転台のGV-E400形(トイレあり)、片運転台のGV-E401形(トイレあり)とGV-E402形(トイレ無し)の3つ。車体はステンレス製で、車体の全長はキハ40系より若干短め19.5m。また、最高運転速度は100km/hで、キハ40系よりも5km/hアップしている。

 車内はロングシートとボックスシート(2人掛けと4人掛け)を備えるほか、扉横の座席には大型の袖仕切を設置して、外気が直接座席へ入り込まないように設計されている。また、内装の配色は「温かみのあるトキピンクを基調とした、くつろげる色彩」でまとめている。

 2019(令和元)年8月19日から磐越西線と羽越本線で運転を開始したのを皮切りに、運転区間を拡大中。2020年度には秋田地区へ投入が開始される。

●ギャラリー


(写真:羽越本線 新発田〜中浦/撮影:リン)

↑ PAGE TOP