H100形一般形気動車


運用開始に向けて川崎重工兵庫工場から甲種輸送される。
(写真:山陽本線 鷹取駅/撮影:ひょん君)

●基本データ

デビュー年:2018(平成30)年 ※営業運転開始は2020(令和2)年
保有会社:JR北海道
運転区間:函館本線

●JR東日本のGV-E400系に準じた新たな主力

 JR北海道が老朽化したキハ40系置き換えのために投入した車両で、川崎重工製。同時期に開発されたJR東日本のGV-E400系気動車と基本設計を同一にした酷寒地対策バージョンで、両社で初となるディーゼルエンジンと発電機で発電した電気により、モーターで走行する電気式気動車。愛称は「DECMO(デクモ)」。Diesel Electric Car with MOtorsの略である。

 これまでの「キハ」を形式名に使わず、北海道の頭文字であるHを採用している。両運転台のH100形(車いす対応の洋式トイレあり)のみが導入されており、片運転台車両は存在しない。車体はステンレス製で、車体の全長はキハ40系より若干短め19.5m。また、最高運転速度は100km/hで、キハ40系よりも5km/hアップしている。

 車内はロングシートとボックスシート(2人掛けと4人掛け)を備えるほか、扉横の座席には大型の袖仕切を設置して、外気が直接座席へ入り込まないように設計されている。外観は「新しさ・北海道らしさを表現したエクステリアデザイン」として、グリーンとホワイト(自然との調和)、前面のブラックに黄色(警戒色)とし、内装の配色は「北海道らしさを表現したインテリアデザイン」としてグリーン(優先席はオレンジ)の座席モケットや、ドア横のパーティーションにブルーを採用している。

 2020(令和2)3月14日改正から、函館本線の小樽〜長万部間を中心に運用を開始(早朝に札幌〜然別間の運用あり)。今後、導入路線が拡大されていく見込みである。

↑ PAGE TOP