E261系特急形電車


プレミアムグリーン車を先頭に東海道線を下るE261系。
(写真:東海道本線 辻堂〜茅ヶ崎/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:2019(令和元)年 ※営業運転開始は翌年
保有会社:JR東日本
最高速度:120km/h
使用列車:サフィール踊り子
運行区間:東海道本線、湘南新宿ライン、伊豆急行線

●食堂車「ヌードルバー」を備えた伊豆への観光特急

 251系特急「スーパービュー踊り子」の後継車両として開発されたもので、2020(令和2)年3月14日改正から運転を開始。8両編成×2本が川崎重工業で製造された。

 トータルデザインは、工業デザイナーの奥山清行氏が代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当。エクステリアデザインは、「伊豆の圧倒的で雄大な自然」を表現し、「伊豆の海と空」をイメージした紺碧色を基本に、「伊豆の砂浜が太陽の光を受けて金色に輝く様子」のホワイト、「溶岩地形である城ヶ崎海岸の黒々とした岩石」のグレーを配色している。また、各車の車体側面の上部に「天窓」を設け、開放的な車内空間としている。

 車内は1号車がJR東日本で初となるプレミアムグリーン車で、1+1列の座席(シートピッチ 1250mm)という豪華な座席配置。2号車・3号車はグリーン個室で、4人用と6人用を設定。4号車は食堂車「ヌードルバー」で、麺を目の前で調理するオープンキッチンや、相模湾の景色を眺めながら食事を楽しめるカウンター席とボックス席が設置されている。5〜8号車はグリーン車で、2+1列の座席(シートピッチ 1160mm)である。このほか、無料公衆無線LAN、全席電源コンセントも用意されている。

↑ PAGE TOP