521系一般形電車


ラインカラーは、従来の北陸本線近郊形電車の塗装を踏襲した521系0番台。
(写真:北陸本線 倶利伽羅〜石動/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:2006(平成18)年
最高速度:120km/h
所属会社:JR西日本、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道
運行区間:北陸本線、湖西線、七尾線、あいの風とやま鉄道線、IRいしかわ鉄道線、えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン
元運行区間:小浜線

●北陸路の主力車両へ躍り出た新鋭車両

 北陸本線長浜駅〜敦賀駅間、湖西線永原駅〜近江塩津駅が直流化されるのに伴って投入された車両。JR西日本としては初めて新造する交直流近郊型電車で、関西などで運用している223系近郊型直流電車をベースに、構体設計は321系、車両制御装置は683系特急型交直流電車をベースとした。

 2両編成を基本とし、最高速度は120km/h。2009(平成21)年3月改正からは小浜線、さらに2010(平成22)年3月改正からは2次車の投入によって北陸本線の金沢地区にも運用を広げたのを皮切りに、運用範囲を着実に広げている。一方、同改正で小浜線での定期運用が終了し、1年間のみの実績となった。

 また、2013(平成25)年11月から製造されている3次車は、前面デザイン等が225系に準じた姿に変更されたほか、先頭車両に転落防止幌の台座を装着(のちに1・2次車にも装着)。また、前照灯・フォグランプをHID式に変更したほか、「列車異常挙動検知システム」などを装備している。

 2015(平成27)年3月14日の北陸新幹線金沢開業に際して、北陸本線の一部が第三セクター鉄道へ経営分離されたことから、「あいの風とやま鉄道」と「IRいしかわ鉄道」に多数の車両が譲渡され、主力車両として大半の運行を担っている。

 2020(令和2)年10月3日からは、七尾線で521系100番台の運転を開始。側面帯は輪島塗の漆をイメージした茜色となったほか、227系や323系で搭載された仕様が反映。種別・行先表示のフルカラーLED化、側面の行先表示器と種別表示器の一体化、車内案内表示器の増設(6ヶ所)、車椅子スペース部の通路幅拡大、各出入口付近への車載型ICOCA改札機設置などが行われている。

●カラーバリエーション


225系に準じたデザインに変更された3次車。
(写真:北陸本線 金沢駅/撮影:リン)

七尾線用の521系100番台。
(写真:七尾線 金丸駅/撮影:リン)


あいの風とやま鉄道オリジナル塗装の521系。海側と山側で配色を変えている。
(写真1枚目:IRいしかわ鉄道線 金沢駅/撮影:裏辺金好)
(写真2枚目:あいの風とやま鉄道線 石動駅/撮影:リン)

IRいしかわ鉄道オリジナル塗装の521系。こちらのアクセントカラーは「黄・黄土(金)系」
(写真:あいの風とやま鉄道線 倶利伽羅〜石動/撮影:リン)

IRいしかわ鉄道オリジナル塗装の521系。こちらは「緑・草系」。
(写真:IRいしかわ鉄道線 金沢駅/撮影:裏辺金好)

IRいしかわ鉄道オリジナル塗装の521系。こちらは「古代紫/紫」。
(写真:IRいしかわ鉄道線 金沢駅/撮影:裏辺金好)

「赤・臙脂(えんじ)系」をアクセントカラーにした521系。
(写真:あいの風とやま鉄道線 富山駅/撮影:裏辺金好)

IRいしかわ鉄道ロゴマークと併結部分の姿。
(写真:あいの風とやま鉄道線 富山駅/撮影:裏辺金好)

↑ PAGE TOP