あいの風とやま鉄道413系


AM01編成(もとB01編成)、AM02編成(B02編成)は、北陸色のまま譲渡されている。
(写真:あいの風とやま鉄道線 富山駅/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:1986(昭和61)年
<JR車両としては2006(平成18)年>
最高速度:110km/h
運用区間:あいの風とやま鉄道線、IRいしかわ鉄道線、えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン

●ラッシュ時に運用される国鉄車両

 2015(平成27)年3月14日の北陸新幹線金沢開業に伴う、並行在来線の第三セクター鉄道移管に伴い富山県内の受け皿として誕生した、あいの風とやま鉄道の車両で、3両編成×5本がJR西日本から譲渡された。

 元々は国鉄が北陸地区の輸送改善のため、471系、473系などの急行形電車の機器を再利用し、車体を新製した交直流近郊形電車であり、JRからの譲渡に際しては体質改善工事を施工。3両編成であることから、主にラッシュ時の輸送力増強用として活躍しており、運用こそ減ったものの、IRいしかわ鉄道線と、えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインにも直通し、従来担っていた運行区間の大半である金沢駅〜糸魚川駅まで幅広く活躍している。

 開業時には新塗装は用意されず、2本が北陸色、3本が青単色のJR時代の塗装のまま活躍を開始した。その後、2016(平成28)年9月28日からはAM03編成(もとB03編成)がイベント対応車両「とやま絵巻」として簡易改造された上で、運転開始。塗装は黒を基調とし、おわら風の盆や五箇山の合掌造り、氷見の寒ブリなど16種類の色鮮やかなイラストを描いたほか、内装は座席のモケットを緑色や青色のカラフルな生地に張り替えている。

 2019(平成31)年4月6日からは、トップナンバー編成であるAM01編成が観光列車「一万三千尺物語」に改装され土休日を中心に運転を開始。外観は標高3000mの立山連峰の稜線と、深海1000mの富山湾とオレンジ色の朝日をイメージした配色としている。なお、一万三千尺とはメートル法で約4,000mであり、立山連峰と富山湾の高低差を表している。

 内装は天井、テーブルなどに富山県産の「ひみ里山杉」を使用するなど、木のぬくもりを活かしたデザインに。また、1号車に立山連峰を望む一人掛けのカウンター席や多目的トイレが設置されたほか、2号車は地酒やドリンク、土産物を販売する売店と厨房、富山の各市町村の特産品を紹介するディスプレイを備えている。

●カラーバリエーション


もとB03、B07、B10編成は青単色で運用を開始。
(写真:あいの風とやま鉄道線 高岡駅/撮影:裏辺金好)

AM03編成(もとB03編成)は、イベント対応編成である「とやま絵巻」に改造された。
(写真:あいの風とやま鉄道線 高岡〜西高岡/撮影:リン)

AM01編成は観光列車「一万三千尺物語」として改造。一部の乗降扉が埋められたほか、固定窓の設置などが行われている。
(写真:あいの風とやま鉄道線 高岡駅/撮影:ネオン)

形式ガイド


クモハ413−1〜
(クモハ413−1 IRいしかわ鉄道線 金沢駅/撮影:裏辺金好)
糸魚川方の制御電動車。 クモハ471形の車体更新車で、電気機器や冷房装置、台車などが流用されている。

モハ412−1〜
(モハ412−1 IRいしかわ鉄道線 金沢駅/撮影:裏辺金好)
中間電動車で、モハ470形の車体更新車。冷房装置は集中型。

クハ412−1〜
(クモハ413−1 IRいしかわ鉄道線 金沢駅/撮影:裏辺金好)
金沢方の制御車で、大半はクハ451形の車体更新車であるが、クハ412−3、クハ412−83・8はサハ451形の車体更新車である。また、トイレ・水タンク・汚物処理装置を搭載している。

↑ PAGE TOP