近畿日本鉄道9020系/9820系/6820系


(写真:大阪線 伊賀神戸駅/撮影:リン)

●基本データ・運用区間

デビュー年:2005(平成17)年 種車デビュー年:1969(昭和44)年 
主な運転区間:大阪線、名古屋線、京都線など

●「あおぞらU」の2代目として活躍

 15200系は、改造から15年が経過して老朽化が目立つようになっていた団体用車両18200系を置き換えるため、近畿日本鉄道の特急型車両12200系から改造された系列で、18200系の車両不足により追加改造された18400系2両編成1本と共に運用を開始した。

 当初は4両編成2本、2両編成1本の10両が改造され、塗装は18200系と同様のデザインに変更。写真の第2編成は下枠交差式パンタグラフと、ひし形パンタグラフの両方が設置されているのが特徴である。

 さらに2013(平成25)年には、18400系置き換えのために12200系から2両編成1本が追加で改造。この編成は20100系初代「あおぞら号」の塗装(クリーム地に赤)に塗られており、異彩を放っている。

●カラーバリエーション


初代「あおぞら」同様のカラーとなって登場した2013年登場の新編成。従来の行先表示窓に愛称表示のパネル(固定)を取り付けたのも特徴。
(写真:大阪線 桜井〜大福/撮影:KIX)

↑ PAGE TOP