近江鉄道900形
       Ohmi Railway Type 900
従来車と大きく異なる、紫にピンク色のライン。
(写真:本線 彦根〜鳥居本/撮影:国鉄車両好)

●基本データ

デビュー年:2013(平成25)年
運行区間:近江鉄道本線、八日市線、多賀線

●「淡海(おうみ)号」と愛称を持つ  西武鉄道の新101系を導入したもので、ダークブルー地にローズピンクのライン、さらにドア部にイルカのイラストという、従来車と大きく異なるカラーリングが特徴。愛称は公募の結果、近江(おうみ)と同様の読みである「淡海号」となった。

 現在、元269編成(クモハ269-クモハ270)を改造した2両1編成が活躍している。

●ギャラリー
手すりやつり革の黄色塗装化のほか、優先席のみクロスシート化されている。
(撮影:裏辺金好)

営業運転開始前の900系と、改造前の車両が並ぶ。
(写真:彦根駅/撮影:KIX)

改造前の車両が、西武鉄道時代の方向幕を掲出された状態で展示された。
(写真:彦根駅/撮影:KIX)
 
←前のページ(近江鉄道820系)へ 次のページ(近江鉄道LE10形)へ→
近江鉄道

↑ PAGE TOP