近江鉄道ED14形
       Ohmi Railway Type ED14
茶色に塗られ、国鉄時代の雰囲気を取り戻したED14 4号機。
(写真:彦根車庫/撮影:KIX様)

●基本データ

デビュー年:1926(大正15)年/近江鉄道デビュー年:1960(昭和35)年

●戦前の東海道本線で活躍  鉄道省(→国鉄)が、現在のJR東海道本線である東京〜国府津の電化から間もなくして投入した、アメリカのゼネラルエレクトリック社製の電気機関車で、歴史的な車両。中央線、飯田線、仙山線での活躍を経て、1960年に近江鉄道に移籍した。これは、住友セメント彦根工場〜多賀工場のセメント輸送を担当するためである。
 現在、近江鉄道に2両が在籍し、うち4号機は国鉄時代の「ぶどう色」に復元。
 戦前の車両ながら、現役の私鉄の電気機関車では最高出力機である。もっとも、今や近江鉄道に機関車の運転免許を持つ人間がほとんどいないため、実質的には活躍できない。

●カラーバリエーション
こちらは近江鉄道オリジナル塗装のED14 3号機。
(写真:彦根車庫/撮影:KIX様)

←前のページ(近江鉄道LE10形)へ 次のページ(近江鉄道ED31形)へ→
近江鉄道

↑ PAGE TOP