近江鉄道ED31形
       Ohmi Railway Type ED31
前面のデザインが特徴的なED31。
(写真:彦根車庫/撮影:KIX様)

●基本データ

デビュー年:1923(大正12)年/近江鉄道デビュー年:1960(昭和35)年
運行区間:多賀線

●現在は近江鉄道の保線で活躍  伊那電気鉄道(現、JR飯田線)が、車体を石川島造船所、電気機器を芝浦製作所で製造させた40t凸機。
 登場時はデキ1〜デキ6を名乗っていたが、同鉄道が国有化されるとED31に改番。その後、西武鉄道、近江鉄道、上信電鉄に譲渡され、さらに西武鉄道譲渡分は、さらに近江鉄道に譲渡された。
 元々は貨物輸送に従事していたが、現在はレールの運搬、保線で細々と活躍している。2両が残存。

←前のページ(近江鉄道ED14形)へ 次のページ(近江鉄道ED4000形)へ→
近江鉄道

↑ PAGE TOP