近江鉄道LE10形
       Ohmi Railway Type LE10
(写真:彦根車庫/撮影:KIX様)

●基本データ

デビュー年:1986(昭和61)年
元運行区間:近江鉄道本線

●合理化に貢献できず、引退に追い込まれたレールバス  本線貴生川駅〜八日市駅は閑散区間であり、電力消費量の削減を目指して近江鉄道が投入したディーゼルカー。富士重工業製の2軸LEカーで、名古屋鉄道で活躍したキハ10形などと同型の車両。5両が製造された。実は、近江鉄道初の冷房車両である。

 しかし、さすがに小型すぎた為にラッシュ時などで輸送力不足に陥り、ラッシュ時は2両編成で運用されることも。結局、老朽化もあって220形電車の投入が進み、1996(平成8)年に定期運用から撤退。2004(平成12)年に正式に引退した。

 長らく13号が彦根駅構内の近江鉄道ミュージアムに保存されていたが、2012(平成24)年に解体された。

←前のページ(近江鉄道900形)へ 次のページ(近江鉄道ED14形)へ→
近江鉄道

↑ PAGE TOP