西武鉄道20000系


(写真:池袋線 中村橋駅/撮影:デューク)

●基本データ

デビュー年:2000(平成12)年
主な運行区間:池袋線、豊島線、新宿線、拝島線

●バリアフリー時代に対応した通勤電車

 アルミ車体を使った車両で大幅な軽量化を実現。さらに西武初のLEDによる行先表示、車いすスペース、ゆったりとした幅のバケット形座席、きめ細かい温度調節が可能な空調設備を装備し、人と環境に優しい車両として、主に新宿線、池袋線で運行中。

 2016(平成28)年10月8日からは、池袋線の20158編成に松本零士の漫画「銀河鉄道999」主要キャラクターをラッピングが施されている。

●銀河鉄道999デザイン電車



(写真:池袋線 椎名町駅/撮影:裏辺金好)

●3代目L-train


2018(平成30)年1月14日に20104編成と20105編成が3代目L-trainとなって運転中。埼玉西武ライオンズの球団色「レジェンドブルー」を基調とし、球団ロゴが描かれている。
(写真:池袋線 椎名町駅/撮影:裏辺金好)




3代目L-trainは、2020(令和2)年3月9日から池袋線の20104編成、4月5日から新宿線の20105編成がライオンズ命名70周年を記念したヘッドマークと、ライオンズの往年・現役選手をラッピングした特別装飾を付けて運転している。
(写真:狭山線 西所沢駅など/撮影:裏辺金好)


座席のモケットは背もたれのデザインが2種類。
(撮影:裏辺金好)


↑ PAGE TOP