泉北高速鉄道5000系


それまでの車両とは一線を画するデザインとなった。
(写真:南海本線 新今宮駅/撮影:リン)

●基本データ

デビュー年:1990(平成2)年
運行区間:泉北高速鉄道線、南海本線、高野線

●泉北高速鉄道初のオリジナル車

 それまで相互乗り入れを行っている南海の車両に準じた車両を投入していた、泉北高速鉄道初の自社オリジナル車両にして、同社初のVVVFインバータ制御車。前面は非貫通構造となり、それまでのステンレス車体から一転、アルミ車体で車体全体が塗装されるなど、それまでの泉北高速鉄道のイメージを一新した車両となった。

 また1999(平成11)年から5505編成に対し、泉北高速鉄道泉ヶ丘駅近くの大阪府立大型児童館「ビッグバン」の開館記念として、松本零士氏デザインの同施設のイメージキャラクターである「ベアル」と「メロウ」が描かれた特別塗装編成となっていた。2009(平成21)年からは「ハッピーベアル」の愛称が与えられていたが、2017(平成29)年10月1日に運転を終了した。

 なお、同施設内に保存されている泉北高速鉄道100系にも同様の塗装がされている。

●カラーバリエーション


松本零士氏デザインの特別塗装。
(写真:南海本線 難波駅/撮影:鐵)

●車内の様子


リニューアル前の5000系車内。
(撮影:鐵)

リニューアル前の5000系車内。こちらは優先席。
(撮影:鐵)

リニューアル後の5000系車内。
(撮影:鐵)

リニューアル後の5000系車内。こちらは優先席。
(撮影:鐵)

LCD式車内案内表示装置
(撮影:鐵)

●細部


リニューアル前の5000系の前照灯周辺
(撮影:鐵)

種別・行先表示器
(撮影:鐵)

↑ PAGE TOP