東急電鉄2020系/6020系


田園都市線で運用される2020系。ラインカラーはグリーン。
(写真:東急田園都市線 たまプラーザ駅/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:2018年
運行区間:田園都市線、大井町線

●丸みを帯びた温和な顔の新主力車両

 東急電鉄が老朽化する田園都市線と大井町線の8500系置き換えのために投入した車両で、田園都市線向けが10両編成の2020系、大井町線向けが7両編成の6020系と呼称する。製造は総合車両製作所で、同社のsustina(サスティナ)による軽量ステンレス車体を採用している。

 両系列は基本的には同一設計。デザインは東急線沿線の商業施設のデザインなどを手がけている丹青社が監修を担当し、丸みのある先頭形状が特徴。コンセプトカラーとして「INCUBATION WHITE」(美しい時代へ孵化していく色)を採用している。

 車内は座席が背もたれが高いハイバック仕様のロングシート、フローリング調の床、低い位置へ変更された床が特徴。また、液晶ディスプレイはドア上のほか、2020系のみ連結部と座席上(こちらは3連)設置されている。また、照明はすべてLEDを採用したほか、車内防犯カメラも設置されている。

 制御方式はSiC-MOSFET素子VVVFインバータ制御、ブレーキは回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ方式。また、大容量情報管理装置の搭載により車両機器を常時チェックしている。

●大井町線用6020系


大井町線の6020系はラインカラーがオレンジ。
(写真:大井町線 自由が丘駅/撮影:裏辺金好)

大井町線の6020系。こちらは甲種輸送時の姿。
(写真:中央本線 八王子駅/撮影:裏辺金好)

↑ PAGE TOP