道南いさりび鉄道(五稜郭〜木古内)


茂辺地駅に停車中のキハ40形。撮影当時はJR北海道カラーも残存。
(撮影日:2017年11月17日/撮影:ネオン)

▼データ

路線距離:(営業キロ):37.8 km
電化:全線(交流20,000 V・50 Hz) ※旅客営業は気動車
備考:2016(平成28)年3月26日の北海道新幹線(新青森〜新函館北斗)開業に伴い、並行在来線であるJR北海道の江差線(五稜郭〜木古内)を第三セクター鉄道として分離したもの。全列車が江差線時代と同様、函館本線に直通して函館駅に乗り入れている。

▼風景


函館駅を出発するキハ40形。
(撮影日:2017年11月18日/撮影:ネオン)

函館駅に停車中のキハ40形。
(撮影日:2017年11月18日/撮影:ネオン)

函館駅に停車中のキハ40形。
(撮影日:2017年11月18日/撮影:ネオン)

茂辺地駅。
(撮影日:2017年11月17日/撮影:ネオン)

茂辺地駅の近くでは寝台特急北斗星で使われた車両が、クラウドファウンディングによる資金調達で保存。雪深い地域で雨ざらしだと、維持は大変のようで・・・。
(撮影日:2017年11月17日/撮影:ネオン)

↑ PAGE TOP