千駄ヶ谷駅JR東日本
  J.R. Sendagaya Station
▼メモ
 ちょうど渋谷区と新宿区との境に位置しており、国立競技場や新宿御苑への最寄り駅として機能している駅。島式ホーム1面2線の他、1964(昭和39)年の東京オリンピック開催時に設置された臨時ホームを有しているが、こちらは現在使われていない。

 駅から出ると真上を首都高速が通るため、なんだか少し薄暗いのが印象的であるが、駅前にビルのような高い建物がないため、首都高を下をくぐると見通しが大変良くなる。また、有名な新宿御苑は駅の反対側に存在。とは言え、東京の真ん中にある駅ながら、そんな印象があまりないのは立地の関係もあるのかなぁ。
(写真:裏辺金好/解説:デューク)
▼開業年月日
1904(明治37)年8月21日

▼所在地
東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目

▼駅構造
地上駅

▼主な利用可能路線
中央・総武線各駅停車

▼駅の様子
ホームの様子。写真左手には使用されてない臨時ホームが存在している。

千駄ヶ谷駅遠景。首都高がまさに覆いかぶさっている・・・。

 千駄ヶ谷駅前の様子。千駄ヶ谷駅の改札を通ると左手に東京体育館が見える。その右隣には競泳場がある。この位置からだと国立競技場は体育館の向こうになるので見えない。