猿橋駅(JR東日本)
  J.R. Saruhashi Station
▼開業年月日
1902(明治35)年10月1日
 *(「えんきょう」駅)として開業
1918(大正7)年8月1日
 *(「さるはし」駅に読みのみを改称)

▼所在地
山梨県大月市猿橋町

▼駅構造
橋上駅

▼主な利用可能路線
中央本線
▼メモ
 1997(平成9)年に改築された駅で、JRなどが開発した住宅地「びゅう桂台」の最寄駅。以前は同住宅地と当駅南口の間を結ぶ新交通がありましたが、トラブルのため代行バスによる運転に切り替えられ、撤去作業が進められています。また、当駅は日本三台奇橋として有名な「猿橋」の最寄り駅であり、時間があれば訪問したい場所です。
(撮影&解説:里川街道 禁転載)

▼駅とその周辺の様子

南口駅舎。橋上化により新設された出入り口。

南口駅前。山上に上っていくのが新交通システム跡。

改札付近。当駅も簡易Suica改札機を設置。

きっぷうりばの様子(なお、窓口は廃止されました)。

当駅も狭い島式ホーム。利用者はさほど多くありませんがホーム上に案内表示器が設置されています。
また側線があり、時々貨物列車や団体列車などが停車。なお、ホームの鳥沢寄先端で下り列車の撮影ができます。


駅名標