日野駅(JR東日本)
  J.R. Hino Station
▼開業年月日
1890(明治23)年1月6日

▼所在地
東京都日野市大坂上一丁目

▼駅構造
高架駅

▼主な利用可能路線
中央本線
▼メモ
 甲武鉄道の駅として開業したもので、1906(明治39)年10月1日に国有化。1937(昭和12)年6月に300mほど北にある現在地に移転し、このときに多摩の民家をイメージした現在の駅舎が完成した。一見すると地上駅だったものを後に高架化したように見えるが、この高架線は線路が日野台地に一部がかかり高低差があるために、このような形になったもの。そのため、当初からのこの形状である。
 現在の日野駅自体は1面2線のホームであるが、旧駅の機能は今も残っているため、これを利用した貨物列車や団体・臨時列車の停泊がよく行われている。
 (写真&解説:裏辺金好)

▼駅とその周辺の様子