大月駅(JR東日本・富士急行)
  J.R. and Fujikyuko Otsuki Station
▼開業年月日
1902(明治35)年10月1日(JR)
1929(昭和4)年6月19日(富士急行)

▼所在地
山梨県大月市大月一丁目

▼駅構造
地上駅

▼主な利用可能路線
中央本線、富士急行線
▼メモ
 1928(昭和3)年に建てられた丸太造り、山小屋風の駅舎が特徴的な大月駅。富士急行が分岐し、河口湖観光への拠点駅の1つとなっている。改築に向けた動きが進められており、今後の駅舎の動向が気がかり。
 (写真&解説:裏辺金好)

▼駅とその周辺の様子

富士急行の大月駅。JRと富士急行の乗り換えは、ホーム内改札にて可能。

大月駅に停車中の201系中央特快。東京へ直通する列車も存在している。

長年活躍しているスカ色の115系。

富士急行に直通する189系ホリデー快速河口湖号。大月駅ではJRホームに停車。

富士急行ホームからJRホームを見る。

富士急行が誇るフジサン特急。元々はJRで活躍していたジョイフルトレイン。

富士急行の主力は京王電鉄の名車5000系を改造した1000形。2009年にはレトロ塗装が2種類登場した。