三鷹駅(JR東日本)


▼開業年月日

1930年(昭和5)年6月25日

▼所在地

東京都三鷹市下連雀三丁目

▼駅構造

地上駅(橋上駅)

▼主な利用可能路線

中央本線、中央・総武線各駅停車(地下鉄東西線直通あり)

○解説

 島式ホーム3面6線と電留線を有する駅。路線としては中央本線のみが所属するが、運行上の系統として中央・総武線各駅停車が始終点としている。また、一部の特急列車が停車する。

 1999(平成11)年に南口駅ビル(上写真)として「三鷹ロンロン」が竣工。また、2007(平成19)年にエキナカ施設として「Dila三鷹」がオープン。現在はどちらも「アトレヴィ三鷹」として一体的に運営されている。

 西側に三鷹車両センターが併設されており、主に中央・総武線各駅停車の列車が停泊している。
(撮影&解説:裏辺金好)

○風景


エキナカ施設である「アトレヴィ三鷹」


「Dila三鷹」時代のエキナカ。


リニューアルされた北口駅舎。


北口駅前広場


南口駅前の様子


ホームの様子

地下鉄東西線直通の103系。

地下鉄東西線直通の東京メトロ5000系。

↑ PAGE TOP