熊本駅(JR九州・熊本市交通局)



▼開業年月日

1891(明治24)年7月1日

▼所在地

熊本県熊本市春日三丁目

▼駅構造

高架駅

▼主な利用可能路線

九州新幹線、鹿児島本線(三角線直通あり)、豊肥本線、熊本市交通局(熊本駅前電停)

▼メモ

 元々は九州鉄道の駅として誕生したもので、中心市街地からは離れている。

 在来線の連続立体交差化事業、周辺の整備事業が進められており、新幹線駅舎は2011(平成23)年3月のダイヤ改正で供用を開始。また、在来線は2015(平成27)年3月14日に一部高架化、2018(平成30)年3月17日に全面高架化を達成。

 2019(平成31)年3月16日に建築家の安藤忠雄氏の設計による在来線駅舎が完成し、熊本城の武者返しをイメージした幅240メートル、高さ最大12メートルのグレーの外壁が姿を現した。今後は2021年春の開業を目指して、地上12階建て、地下1階建ての新駅ビルのほか、これとは別の複合ビルの建設が進められる。

 ホームは在来線が島式ホーム2面に、それぞれ切欠ホームが設けられた合計2面6線。新幹線は島式ホーム2面4線を有している。
(撮影&解説:裏辺金好 ※特記を除く)

▼駅とその周辺の様子


新幹線口の駅舎。

新幹線口の駅舎内部。

新幹線駅舎内に誕生した商業施設。

新幹線ホームは2面4線。全列車が停車する。

熊本駅へ入線する800系「さくら」。

ホーム全景と三角線のキハ40系。

熊本駅に入線する鹿児島本線の817系。

熊本駅を出発する豊肥本線の815系。


肥薩線直通の特急「かわせみ・やませみ」。この日は車両運用の都合で、「かわせみ」が「いさぶろう・しんぺい」の車両だった。(撮影:リン)

熊本駅に入線する特急「A列車で行こう」。

線路の移設と、雲をイメージした1つの白い大屋根で覆われるようになった熊本駅前電停。写真は0800形。

駅前に乗り入れてくる熊本市電。こちらは全国に衝撃を与えたLRV、9700形。

〇高架化前


かつての白川口(在来線側)駅舎。1991(平成3)年に改装されているが、基本は1958(昭和33)年に建てられたもので非常に古いものだった。


熊本駅構内にあったレンガ車庫。九州新幹線乗り入れ工事により取り壊された。

787系による特急「リレーつばめ」。九州新幹線全通後は見納めとなった。


熊本駅に到着した寝台特急「なは」。
(撮影日:2008年2月10日/撮影者:ひょん君)

豊肥本線の主力はキハ200形。

キハ185系による特急「くまがわ」。

同じくキハ185系による特急「九州横断特急」。
九州新幹線開業後、熊本駅を発着する貴重な在来線特急の1つである。

485系特急「有明」。09年8月のリバイバル運転。

国鉄型車両も活躍しているが、その印象は随分と薄くなった。


熊本駅を発着するSL人吉。

2010(平成22)年12月までは、古豪のキハ58系も豊肥本線の観光列車「あそ1962」として運転。

熊本駅構内に車両基地があった頃の姿。写真は急行「くまがわ」用キハ65形、58形など。
現在、この場所は再開発工事が進められている。

787系特急「有明」。現在では見られない、初代「つばめ」色。

旧電停時代の熊本市電。

↑ PAGE TOP