東京都文京区(3)鳩山会館
  Hatoyama Kaikan in Bunkyo city , Tokyo Metropolitan

▼MAP

▼アクセス
東京メトロ有楽町線護国寺駅・江戸川橋駅

▼関連サイト
鳩山会館公式ホームページ
 鳩山和夫(1856〜1911年)、鳩山一郎(1883〜1959年)、鳩山威一郎(1918〜93年)、さらに鳩山由紀夫(1947〜)&邦夫(1948〜)と4代にわたる政治家一族の鳩山家。鳩山会館は、のちに内閣総理大臣を務めた鳩山一郎が、友人の岡田信一郎の設計によって文京区の音羽に建てた鉄筋コンクリート造の邸宅で、通称「音羽御殿」。関東大震災の翌年である1924(大正13)年に完成しました。
 この邸宅を舞台に、1950(昭和25)年の自由党(現、自由民主党)の創設や、鳩山首相時代には日ソ国交回復の下準備が行われるなど日本政治史に大きな影響を与えており、建築美術的にも、そして史跡としても非常に重要なものです。1995(平成7)年に大規模な修繕と復元工事が行われ、一般に公開されています。
 全体的にイギリス風の雰囲気を漂わせた洋館で(和室もあり)、内部のステンドグラスなどが非常に絢爛豪華。もっとも、広大な規模のお屋敷を想像して訪問すると、意外とコンパクトな邸宅に驚かれるかもしれません。とても上品な建築です。

鳩山会館正面。車寄せの上はバルコニーになっています。

各界の要人たちが鳩山一郎を囲んだ、1階の第2応接室。
鹿のレリーフ
 鳩山会館正面の2階部分に取り付けらている鹿のレリーフ。
鳩の彫刻
 鹿のレリーフ両脇には、鳩山家というだけだって、お決まりのデザイン。


1階 第1応接室
 


1階 英国風サンルーム
1階 第3応接室
1階 第3応接室ステンドグラス

1階 居間

1階から2階への階段ステンドグラス

2階 大広間(もと寝室)
 修復前には3部屋あった寝室を1つにしたもので、様々な用途に使うことが想定されているようです。また、バルコニーからは庭園が一望できます。
 このほか2階には鳩山一郎、妻の薫、息子の威一郎の記念室があり、鳩山一郎のラブレターなど公私様々な資料を見ることが出来ます(部屋の撮影は不可)。

鳩山一郎像
 

おまけとして、講談社旧本館。
1933(昭和8)年に建てられたオフィスビルで、護国寺と鳩山会館の間、音羽通り沿いにあります。