船の科学館〜東京都品川区〜
  Museum of Maritime Science in Shinagawa city , Tokyo

 船の科学館は、財団法人 日本海事科学振興財団が「次代を担う青少年に、こうした人類の文化と経済の発展に大きく貢献する『船』への理解と認識を深めるとともに、限りない未来に対する夢を育むことを目的」として、1974(昭和49)年7月、お台場(当時は第13号埋め立て地)に建設。

 6万トン級の大型客船を模したユニークな本館、初代南極観測船「宗谷」、青函連絡船「羊締丸」を中心に、様々な資料を公開しています。しかしながら、2011年9月30日をもって本館の公開休止と「羊締丸」の公開を終了。本館は「次世代の海洋教育拠点へのリニューアル準備」を行う予定ですが、「羊締丸」は船の科学館から姿を消します。

 なお、「宗谷」とその他の屋外展示物は引き続き公開されます。
(撮影・解説:裏辺金好)
 ▼MAP
 ▼アクセス
 ゆりかもめ 船の科学館駅

 ▼関連サイト
 船の科学館ホームページ

○ご覧になりたいページを写真から選択してください。
▲南極観測船「宗谷」 ▲青函連絡船「羊締丸」 ▲屋外展示物 ▲本館展示物