直江津D51レールパーク〜新潟県上越市〜


 直江津D51レールパークは、えちごトキめき鉄道が2021(令和3)年4月29日に直江津運転センター扇形庫内にオープンさせた鉄道展示施設。
 アチハ(大阪府)からリースしたD51 827号機が大型コンプレッサーによる圧縮空気を動力に動態保存され、緩急車(2両の貨車)に乗車し、D51の牽引で直江津駅手前まで走行体験ができるほか、D51転車台の見学、1944(昭和19)年に建築された扇形庫内で保存されているクハ412−6の見学が可能。また、「線路の石」の缶詰を実際に作る体験や、景品付きのスマートボールゲームなどが楽しめる「エンジョイ☆コーナー」が設置されています。
 3月〜12月上旬までの主に土日祝日に営業。
(撮影:リン)

〇地図



○風景









ヨ6000形(ヨ6316+ヨ6314)


扇形庫は4線残るが、最盛期には22線あったとか。

国鉄交直流急行電車色の塗り替えらえた413系(クハ412−6)。急行形電車であるクハ451−40の車体を更新した車両で、北陸本線と七尾線で活躍した後、2021(令和3)年にJR西日本から譲渡。同時に譲渡された3両の413系・455系は急行列車として、えちごトキめき鉄道で活躍をしています。





ワフ29500形(ワフ29603)




↑ PAGE TOP