アメリカ・カナダ・メキシコの航空会社

●アメリカ


アイランドエアー(ホノルルを拠点とする航空会社)のATR72−212
(写真:ホノルル国際空港/撮影:kajibooh)

アジア・パシフィック・エアラインズ。グアム国際空港を拠点とする貨物航空会社。
(写真:ホノルル国際空港/撮影:kajibooh)

アトラス航空の標準塗装。
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

アメリカン航空の現行塗装が施されたB777−323/ER(N728AN)。
(写真:香港国際空港/撮影:kajibooh)

アメリカン航空旧塗装のボーイング777−200ER。
(写真:成田空港/撮影:kajibooh)

ATA航空のDC−10−30(N701TZ)。ATA航空は、インディアナ州インディアナポリス市を本拠地とするLCCでしたが、2008年4月2日に連邦倒産法第11章の適用を受け、全便の運航を停止しました。
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

エバーグリーン航空のB747−412F/SCDですが、塗装は前にこの機材で運行していたサウディア(旧・サウジアラビア航空)のロゴを消しただけ。
(写真:岩国基地/撮影:kajibooh)

オムニエアインターナショナルの標準塗装が施されたボーイング767−300ER。オクラホマ州を拠点にしているチャーター便会社です。
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

カリッタエアのボーイング747−446BCF(レジ:N742CK)。ミシガン州イプシランティ-に本社を有する貨物航空会社です。
(写真:岩国基地/撮影:kajibooh)

コンチネンタル航空の標準塗装であるボーイング767-424(ER) -。2012年3月にユナイテッド航空と完全統合され、現存しない会社です。
(写真:成田空港/撮影:裏辺金好)

サザンエアの貨物機B747−2B5F/SCD。
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

デルタ航空のボーイング767。
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

デルタ航空のハビタット仕様のN171DZ(B767−332ER)。
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

トランスエア。ホノルルに拠点を置く貨物航空会社。
(写真:ホノルル国際空港/撮影:kajibooh)

ノーザンエア・カーゴのボーイング737−301SF
(写真:ホノルル国際空港/撮影:kajibooh)


ノースウエスト航空の標準塗装
(写真:成田空港/撮影:裏辺金好)

ノースウエストカーゴの標準塗装。ベースが無塗装なのが特徴。
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

ハワイアン航空のボーイング767−3CB/ER
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

フェデックス・エクスプレスのボーイング777−FS2
(写真:成田空港/撮影:kajibooh)

USエアウェイズ標準塗装が施されたエアバスA330−200。2015年にアメリカン航空に経営統合され消滅。
(写真:ヒースロー空港/撮影:秩父路号)

UPS航空の標準塗装が施されたMD−11F
(写真:ホノルル国際空港/撮影:kajibooh)

ユナイテッド航空の現行塗装は、合併相手のコンチネンタル航空のデザインを踏襲。写真はボーイング737−724。
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

ユナイテッド航空(旧ロゴマーク)のスターアライアンス塗装
(写真:成田空港/撮影:裏辺金好)

ユナイテッド航空のチャーター機ボーイング747−422(N194UA)
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

●カナダ


エアカナダ通常塗装のエア・カナダB777−200。
(写真:香港国際空港/撮影:kajibooh)

●メキシコ


メキシコの政府専用機
(写真:羽田空港/撮影:裏辺金好)

↑ PAGE TOP