日本の航空会社

●アイベックスエアラインズ


標準塗装のCRJ-100。
(写真:成田空港/撮影:裏辺金好)

●天草エアライン


2016年2月20日から運用を開始したATR 42-600。旧保有機のデザインを継承し、親子イルカと海と空をイメージした「みぞか号」。
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

旧塗装時代のボンバルディアDHC8−100
(写真:松山空港/撮影:デューク)

●エアアジア・ジャパン


全日空が出資していた頃のエアアジア・ジャパン。写真はエアバスA320−216。
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

●AIRDO


現行塗装
(写真:羽田空港/撮影:裏辺金好)

社名が北海道国際航空株式会社だった頃の塗装。
(写真:羽田空港/撮影:裏辺金好)

●オリエンタルエアブリッジ


ボンバルディア DHC-8-Q200。オリエンタルエアブリッジは、長崎空港を拠点とする航空会社です。
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

●ジェットスター・ジャパン


標準塗装のエアバスA320。
(写真:熊本空港/撮影:kajibooh)

●春秋航空日本


中国のLCCである春秋航空が33%出資する春秋航空日本。写真はB737−86N(JA02GR)
(写真:佐賀空港/撮影:kajibooh)

●スカイマーク


標準塗装に塗られたA330−343X
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

●スターフライヤー


北九州空港を本拠とするスターフライヤー。写真はエアバスA320−214。
(写真:北九州空港/撮影:kajibooh)

●ソラシドエア


スカイネットアジア航空から社名変更したソラシドエア。写真はボーイング737−86N
(写真:熊本空港/撮影:kajibooh)

こちらはくまモン ジェット。ボーイング737-81D(レジ:JA802X)
(写真:熊本空港/撮影:kajibooh)

スカイネットアジア航空時代の塗装
(写真:熊本空港/撮影:kajibooh)

●日本エアシステム


標準塗装が施されたYS-11
(写真:みちのく北方漁船博物館 ※当時/撮影:裏辺金好)

●日本貨物航空


最新鋭のボーイング747−8KZF/SCDは独自塗装。
(写真:北九州空港/撮影:kajibooh)

ボーイング747−4KZF/SCD
(写真:北九州空港/撮影:kajibooh)

グリーン・フレーター塗装のJA04KZ(B747−4KZF/SCD)。
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

●ピーチ・アビエーション


標準塗装のエアバスA320−214
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

バイオレッタ・ルネ仕様機(JA814P)
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

●その他


日本国政府専用機であるボーイング747-400
(写真:福岡空港/撮影:kajibooh)

2015年4月29日に熊本空港にてデモ・フライト中のホンダJET。
(写真:熊本空港/撮影:kajibooh)

↑ PAGE TOP