東急電鉄5000系


東急電鉄の標準車両となった5000系。写真は東横線用の5050系。
(写真:東急東横線 多摩川駅/撮影:デューク)

●基本データ

デビュー年:2002(平成14)年
5000系運行区間:田園都市線、地下鉄半蔵門線、東武伊勢崎線、東武日光線
5050系運行区間:東横線、横浜高速鉄道みなとみらい線、東京メトロ副都心線、有楽町線、東武東上線、西武有楽町線、西武池袋線
5080系運行区間:目黒線、地下鉄南北線、地下鉄三田線、埼玉高速鉄道線

●湘南新宿ラインのライバルもE231系!?

 ここでは東横線用の5050系、目黒線用の5080系もまとめて紹介する。

 JR東日本と東急車輛で共同開発したE231系電車をベースにして、コスト削減を図った田園都市線用の新型電車であるが、電気機械関係については一部を除き独自のものなっている。また、前面はE231系とは異なるデザインを採用したほか、側面はE231系と似ているが、帯色は田園都市線の路線カラーであるライトグリーンと東急電鉄コーポレートカラーである赤の2色としている。

 車内は15インチLCD2面(TOQビジョン)が搭載され、青系でまとめられている。また、行き先表示器は当初は種別幕は幕式で行き先表示は三色LEDとなっていたが、最近は種別にフルカラーLED、行先表示に白色LEDとなった編成もある。 

 2005年から私鉄では初めて6扉車を導入する事により編成変更を行い、初期3編成を除き全ての編成が6扉車組込みとなり混雑緩和に貢献。なお、5000系の投入により、同線の8500系列を順次、廃車・転属としている。

 5050系は5000系の東横線版で、編成は8両編成だが将来的には10両化も可能とした編成である。基本的には5000系に準ずるが、側面帯が路線カラーである桜色と赤色に変更されている。行先表示は種別にフルカラーLED、行き先に白色LEDを国内の営業車両で初めて搭載した。5050系の進出によって8000系・8590系などの一部が廃車となっている。 また、2011(平成23)年には地下鉄副都心線直通用の10両貫通編成である5050系4000番台が登場した。5050系とは細かい部分を除けばほぼ同一仕様である。同年9月より、8連に組み直されて営業運転に入っている。

 さらに2012(平成24)年9月からは、東横線と東京メトロ副都心線との直通運転開始前に、一足先に車両だけは東京メトロ副都心線、東京メトロ有楽町線、東武東上線、西武池袋線、西武有楽町線で運転を開始し、運行範囲を一気に広げた。2013(平成25)年3月16日改正で、直通運転を開始した。

 5080系は目黒線の輸送力増強用に登場した5000系のバリエーション。編成は6両編成だが将来的には8両化も可能とした編成である。側面帯は目黒線の路線カラーである薄い青系ではなく、3000系に準じた紺色と赤色となった。行先表示については初期2編成は種別に幕、行き先に三色LEDを採用したが、2006年以降に増備された編成は種別にフルカラーLED、行き先に白色LEDを採用した。

 車内についても初期2編成はLCD(TQQビジョン)を搭載せず2段式LEDが採用されていたが、2006年以降に増備された編成よりLCD2画面に変更され案内サービスを向上している。

●カラーバリエーション


地下鉄副都心線直通用に登場した5050系4000番台。見た目には車番ぐらいしか違いが分からない。
(写真:東急東横線 多摩川駅/撮影:ロクマルサン)

田園都市線用の5000系。
(写真:東急田園都市線 溝の口駅/撮影:デューク)

目黒線用の5080系。
(写真:東急目黒線 多摩川駅/撮影:デューク)

東横線の5050系第10編成は、2013年4月26日から渋谷ヒカリエ開業1周年記念特別列車「Shibuya Hikarie号」としてラッピング。ゴールドをアクセントカラーとしているのが特徴的。
(写真:東急東横線 妙蓮寺駅/撮影:裏辺金好)

東横線の5000系5122編成は、2017(平成29)年9月4日から東横線開業90周年を記念して、旧5000系(青ガエル)の塗装を再現した緑1色のラッピング列車に。
(写真:東急東横線 自由が丘駅/撮影:裏辺金好)

○車内の様子


田園都市線の5000系車内。座席は青系統でまとめられている。(撮影:裏辺金好)

こちらも田園都市線の5000系車内だが、6ドア車置き換えのために登場した増備車。座席モケットは緑色、化粧板などは木目調になっている。また、一部座席にはレザー調のヘッドレストを追加。(撮影:裏辺金好)

東横線の5050系車内。 (撮影:裏辺金好)

車内の行先案内表示器(撮影:裏辺金好)

↑ PAGE TOP